モテたいんだ日記

モテたい気持ちを綴ります

森高千里 礼賛

昨日、NHKの歌番組を見ていた。

一青窈ハナミズキを歌った。なんだか昔よりも声が伸びていないし、「私、音程で遊べるのよ」みたいなフリでCD音源とは違ったアレンジで歌っていて鼻白んだ。

でもまあ、NHKホールで1曲歌うというのはやはりそれなりの体力や技術がいるのだろう。30代であろう一青窈は最後の方はけっこうヘロヘロしていた。

 

そしたら次に、森高千里渡良瀬橋を歌った。

びっくりした。

声はあの頃のままアイドル声、しかもおそらくキーも変えていない。歌い方もCDのままなのである。

Aラインのひざ丈スカートからはしまったフクラハギがのぞき、姿勢は真っすぐだった。

その姿になんだか感動を覚えた。

芸能人たるものテレビカメラの前に立つにはそれなりのメンテナンスが必要であろう。

ボトックスやヒアルロン酸注入などプチと呼ばれる整形をするとちょっとテレビ映りが良くなったりするので、それくらいは「メンテナンス」の部類に入る時代となったと思う。

けれど、森高は違った。

何も入れてなさそうなのだ。

ボトックスを打つと顔がきゅっとしまって、引きの映像でも顔立ちがはっきりする。比較対象として同時に出演していた一青窈がそんな感じだった。

引きの映像で森高の目は小さく、輪郭はぼやけ、これだけプチ整形の蔓延しているテレビ映像の中では異彩を放つほどであった。寄りの映像では肌の質感(たるみ)も見える。

が、しかし。

40代、プチ整形をほどこさないでこのレベルであるとしたら、この人こそメンテナンスの女王である。天然ナチュラルでここまで地上波デジタルに耐え得る人間が他にいるだろうか。

さらには歌い方も。

奇をてらわず、CDと同じように、音楽に疎い視聴者の期待を裏切らない歌い方だった。ミュージシャンという肩書だけを振り回して誤魔化すアイドル崩れが多い中、「これが本当のプロだ」と私は膝の上で握ったこぶしを震わせていた。

森高も歌い終わった頃には消耗を感じさせた。けれど「やってやったぞ」という力が目に宿っていた。

一青窈を引き合いに出して申し訳なかったかなと思うけれど、同時に出演していたNMB48は衣装も下品だし歌は下手だしでとても比較にならない程だったので仕方ない。

谷村新司さんがNMBにハモろうとしていて、「もったいないことさせるな」と呟いてしまった。

広告を非表示にする

「こんなの初めて♡」

女性の中でまことしやかにささやかれているモテテクのひとつに

「こんなの初めて♡」があります。

そう言うと、男性は基本的に征服欲が強いのでその欲求を満たすことが出来るからモテる、というテクニックです。

ほんと?

「こんな夜景初めて♡」

「こんなおいしいレストラン初めて♡」

「こんなに素敵なプレゼント初めて♡」

昨今、女性の社会進出がさかんになり、ある程度のことは自分のお金で経験してしまうので、「初めて♡」といえる場所は実はとても少ないのですが、まあ殿方にモテるためです。

女性のみなさん、みんなで言いましょう。

せーの「こんなの初めてー♡」。

 

女性に伝わるモテテクには「さしすせそ」もあります。これは有名なので簡単に説明します。女性が口にすると男性を落とせるワード集。

「さ」 さっすがー!

「し」 知らなかったー。

「す」 すごいですねー!または 素敵ですねー!

「せ」 せっくすしよ…じゃなくてセンスありますねー。 

「そ」 そうなんだー♡

世間知らずだけど健気な女の子がやっぱり「モテ」るのかしら。25年経った今でも赤名リカより関口さとみが選ばれるのかしら。

 

でもでもでもでも、ひとつ思うことがあるのです。

人間の脳を考えた時、「言語」を司る部分って比較的、男性よりも女性の方が発達していることが多いというじゃないですか。

学生時代を思い出しても、英語が得意な女の子、数学が得意な男の子が多くなかったですか?

これほど男尊女卑してきた日本の歴史の中で、「源氏物語」だの「枕草子」がフューチャーされてきたのは、やはり女性の作品の素晴らしさからではないの?

論理的な思考は男性、感覚的な思考は女性。

とても大雑把に分けるとするならそんな分け方ができなくもない。(もちろん例外はあるとして)

 

つまり、言葉を使ったモテテクは男性が女性に向けて行った方が、効くのでは?

こんな言葉もあります。

「男は目で恋をする。女は耳で恋をする」

なんでアイツがモテるんだという男性がいるとして、その人、めっちゃええ声してることないですか?もしくは口が上手い。

女の脳は言葉でシビれるのです。

だから「こんなの初めて♡」は男性が女性に言っても効くのではないでしょうか。

「お前みたいな女初めてだよ」

「こんなに好きになったのは初めてだ」

「こんな風に愛情をくれたのは君が初めて」

だって女にだって征服欲があるから。誰にも心を許さなかった野生の狼を、自分にだけはなつかせたいから!

 

というわけで、男性が女性を落とせる「かきくけこ」を作ってみました。

「か」 可愛すぎるでしょ

「き」 綺麗すぎるでしょ

「く」 くしゃくしゃってしたくなるんだよ

「け」 結婚しよう

「こ」 こんなの初めて♡

「可愛すぎるでしょ」と「綺麗すぎるでしょ」は「すぎる」が付くことによって本当に心から思っている風がでるので端折らないでください。

モテ女の場合、「可愛いね」「綺麗だね」は聞き飽きている可能性があります。

「くしゃくしゃ」は人に寄りますが、可愛い子犬をくしゃくしゃとする風なイメージでやると効くと思います。

「け」は本当にそう思ったときにしてください。

 

男性の中には口下手という方もいらっしゃると思いますが、女は言葉で落とすに限ります。

なにしろお金がかからないというのがいいところ。

モテファッション

中学生の頃、うちの学校の男子の間で不思議なジャージの着こなしが流行しました。

まず、腰パンにする。

これはイケてる人間ほど下げてよいというような暗黙のルールがあって、基本的には一番イケてる部活であるバスケ部の人たちが下げていました。

当時、スラムダンクが大流行していました。

サッカーもそれなりに流行ってきてはいましたが、うちの中学にはまだサッカー部がなかったので、イケてる部活といえばバスケ部でした。

部長のヨシオくんが一番下げていました。ズボンの裾はボロボロでした。

 

腰パンくらいじゃ不思議じゃないと思うかもしれません。じつは不思議だったのは上着の方なのです。

ゴムの袖を肘までたくしあげ、ぼわっと余った生地を何て言うか、こう、腕の方にたるませるのです。

分かります?

ジャージの下に来ていた白い体操服(長そで)の肘から下の部分はそのままにしておきます。

すると、なんということでしょう。

当時はやっていた、ロンTの上にダボシャツを重ね着したときのような袖ができあがるのです。

 

イケてるバスケ部を中心にこの着こなしは大変流行しました。バスケ部じゃなくてもやっていた人もいました。

女子たちも、基本、この着こなしをしている男子の中から好きな人を見つけました。この着方をしている男子でなければ、好きになるなんてありえない、というほどでした。

「ねえ、A子、誰のこと好きなの?」

「え、わたし?」

「いいじゃん、教えてよ」

「誰にも言わないでね…。Bくん」

「え!B君顔はまあまあだけど、ジャージの着方超フツーじゃん!ださっ」

ローカルルールとは恐ろしいもので、顔が良くても、頭が良くても、ジャージの着方一つでモテるモテないが決まってしまうのでした。

ちなみにジャージの色はかなり鮮やかなブルーに蛍光イエローのライン。

まぶしいほどの対照色でした。

 

あれから20年。

まちで学生さんたちが歩いているのを見かけると、

「ああ、この中学では靴下をこの長さで履くのが流行っているのだな」とか

「リュックはここまで下げるのがおしゃれなんだな」とか

その土地土地のローカルモテルールをチェックしてしまいます。

 

モテるってたいへんだなぁ。

広告を非表示にする